アウトプットの意味とは?

「アウトプットってどういう意味?」
「アウトプットの正しい方法が知りたい」
「アウトプットするのが苦手だけど、どうやったらうまくいくの?」

ビジネスのみならず、勉強のやり方を説明するときにも重要視されるようになったアウトプット
多くの成功者たちがアウトプットの必要性を口にしますが、「本当にアウトプットは重要なの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?
本記事では、どうしてアウトプットが大切なのかを詳しく紹介していきます。
アウトプットのメリットを聞けば、きっとあなたもアウトプットの凄さに気づくはず。
実際にどうやってアウトプットするのかもお話ししていきますので、興味がわいたら実践してみてくださいね。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

アウトプットの魅力を伝えることは、「アウトプット通信」の理念でもありますね。

編集長・菅野編集長・菅野

そうだね。
学習はインプットだけで終わってしまうと、すごくもったいないんだ。
その理由は、アウトプットの意味を正しく理解できれば気づけるはず。

まずは、アウトプットの意味について紹介します。
アウトプットの言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか?

アウトプットの意味とは?

アウトプットは英語から生まれたカタカナ語です。
つまり、アウトプットは英語と同じ意味になります。
アウトプットの意味を知りたいなら、まずは英語の「output」について理解を深める必要があるんです。

アウトプットは英語の「output」と同じ「出力する」を意味する

アウトプットの英語表記は「output」です。
この「output」は2つの単語に分解することができます。
「output」を分解すると、「out」と「put」です。
「out」は「外に」、「put」は「置く、移動する」の役割があります。
この2つの単語をつなげたら「出力する」という意味になるんです。

「出力する」は、コンピュータ用語でよく使われている言葉ですね。
たとえば、パソコンのディスプレイに映像が表示されるのは、映像を出力した結果です。
他にも、パソコンから音楽が流れるのは、スピーカーから音声を出力したことで聞こえてくるわけですね。
アウトプットは「情報を出力する」ときに使うことができる言葉となります。

アウトプットの意味は出力する

ただし、アウトプットには「出力する」以外の意味もあります。
ビジネス用語だと、アウトプットはどのように使われているのでしょうか?

ビジネス用語では「発信する」「生み出す」

アウトプットをビジネス用語として使うときは、「出力する」の意味が転じて「発信する」「生み出す」になります。
つまり、データのように取り込んだ情報を自分のものとし、その情報を発信したり、新しいモノを生み出すアイデアとして使ったりするわけですね。

アウトプットは発信すると生み出すの意味も含まれる

そして、アウトプットには「実績」や「成果」の意味が含まれていることがあります。
たとえば、「アウトプットしたことが受験で役立った」と表現したら、アウトプットが結果に現れたことを意味する文章になりますよね。
アウトプットの「生み出す」には、「成果を生み出す」というニュアンスも含まれているんです。

ただし、カタカナ語にはアウトカムの言葉があることを忘れてはいけません。
アウトカムは、アウトプットとどんな関係があるのでしょうか?

アウトプットの類語は「アウトカム」

もしかすると、アウトプットの類語に当たるアウトカムをはじめて聞いた方もいるかもしれませんね。
アウトカムとは、「実績」「成果」を意味する言葉。
つまり、アウトプットの「成果を生み出す」と同じ意味になるんです。
アウトプットの類語どころか、まったく同じ表現になるわけですね。

ただし、アウトカムには成果が出るまでの過程は含まれません。
「新しいアイデアによって売り上げが増加した」という実績はアウトカムで表現できますが、「アイデアが生み出された」という過程はアウトプットでしか表現できないわけです。

アウトプットとアウトカムの違い

アウトプットのほうが使い勝手がいいため、アウトカムと使い分ける方は少なくなりました。
とはいえ、厳密にはアウトカムのほうが「実績」の意味を持っていることを覚えておきましょう。

アウトプットの対義語は「インプット」

アウトプットの対義語はインプットです。
インプットは「入力する」という意味を持つ言葉。
「入力する」の意味が転じ、「取り込む」「学習」「経験」という表現で使われることが多いです。

アウトプットとインプットは、切っても切れない関係にあります。
どちらか片方だけができていても機能しません。
入力されたデータは、出力されなければ表示できないからです。
なので、アウトプットとインプットはセットで使われることが多いです。

アウトプットの対義語はインプット

ここまで読めば、アウトプットの予備知識は得られたはずです。
続いては、アウトプットの使い方について紹介します。

アウトプットの使い方【例文】

アウトプットが使われるシーンは、主に「コンピュータ」「ビジネス」「勉強」です。
それぞれの使い方を例文でお見せしていきますね。

例文
「出来上がった資料を取引先にアウトプットしておく」

解説
こちらの例文は、コンピュータ用語としてアウトプットを使ったものです。
アウトプットには「出力する」という意味がありますので、「データを送る」ことをアウトプットに置き換えて使うことができます。

例文
「今まで学んだことをツイッターにアウトプットする」

解説
アウトプットには「発信する」という意味が込められています。
現代ではSNSが発達したため、誰でも気軽にアウトプットできる環境になっているんです。

例文
「学んだ英会話を現地でアウトプットすることができた」

解説
アウトプットには「生み出す」という意味があります。
また、生み出したあとに発生する「実績」や「成果」も含めた意味でアウトプットを使うことができます。

以上、アウトプットの使い方について紹介しました。
アウトプットの意味さえ分かっていれば、アウトプットの使い方は簡単です。
本当に難しいのは、アウトプットを実践することです。
正しい方法を理解していなければ、アウトプットはうまくいきません。
では、アウトプットはどうやって行えばいいのでしょうか?

アウトプットの方法

アウトプットは、意味を覚えるだけで満足してはいけません。
アウトプットする方法を学んでこそ、役立てることができるノウハウなんです。
本記事では、アウトプットの方法を分かりやすく解説していきます。

ただ、中には「アウトプットする必要って本当にあるの?」と疑問に思っている方もいるはず。
まずは、アウトプットを勧める理由から説明していきますね。

そもそもアウトプットする必要はあるの?

「アウトプットの重要性がいまいち分からない」
「インプットすれば情報は手に入るから、わざわざアウトプットする必要はないのでは?」

アウトプットについて、こんな疑問を持っている方がいるかもしれませんね。
確かに、情報を集めるのはインプットの役割ですので、知識を深めるだけならインプットだけで事足りるように見えます。

ですが、こんな経験はないでしょうか?
「インプットするために情報を集めたけど、どうしても記憶に定着しない」
「ケイタイで情報を検索した数時間後、内容を忘れたのでまた調べてしまう」
こういった事態が起こるのは、間違いなくアウトプットを怠っていたからです。
アウトプットの類語について紹介したとき、「アウトプットとインプットは切っても切れない関係」だと説明しました。
何故かというと、入力されたデータは出力されなければ表示できないからです。
つまり、アウトプットされない情報はインプットされなかったのと同じことになります。
なので、覚えた情報を定着させたいのなら、インプットした情報は必ずアウトプットしたほうがいいんです。

アウトプットするときは、以下の方法が効果的です。

効率的にアウトプットする方法
  • インプットした情報を書き出す
  • インプットした情報を誰かに話す
  • インプットした情報をもとに行動してみる

これらの方法は、すべて運動神経を刺激することができます。
情報は何かと関連づけたほうが記憶に定着しやすいため、「書き出す」「誰かに話す」「行動する」といった動作を一緒に行うと情報が覚えやすくなるんです。

編集長・菅野編集長・菅野

運動神経が関わっていると、物覚えが良くなることは科学的に証明されています。
たとえば、1度でも自転車に乗れた方は、10年ほど自転車に乗っていなくても練習なしで運転できますよね?
その理由は、自転車の乗り方を体が覚えているからです。
これは情報を覚えることにも当てはまりますので、きちんとアウトプットするように心がけましょう。

アウトプットしたほうがいい理由は、納得していただけたと思います。
ただ、人によってはアウトプットがしたくても苦手意識を持っており、なかなか行動できなくて困っているのではないでしょうか?
アウトプットが苦手な方は、何に注意しながら作業をすればいいのでしょうか?

アウトプットが苦手な人はインプットのやり方を見直す

アウトプットが苦手な人は、「アウトプットのやり方が間違ってるのかな?」と悩んでいるはず。
ですが、実際はアウトプットのやり方が間違っているのではなく、インプットのやり方が間違っていることが多いです。

たとえば、以下の理由でアウトプットに苦手意識がある方は、インプットのやり方が間違っていると思ってください。
「何をアウトプットすればいいのか、全然思いつかない」
「必要な情報はインプットしたのに、いいアイデアが思い浮かばない」

これらの悩みに共通しているのは、情報(インプット)が欠けているということです。
「何をアウトプットすればいいか分からない」ということは、アウトプットするべきインプットが欠けている証拠。
「アイデアが思い浮かばない」ということは、集めたインプットの中に役立つ情報がなかったわけですよね。
つまり、インプットさえ正しく行うことができれば、アウトプットは自然とできるものなんです。

苦手なアウトプットを克服したいなら、インプットの正しい集め方を覚えておくべきです。
アウトプットの質はインプットの質で決まります。
インプットする情報はたくさん集めるべきですが、「古い情報」「信憑性の乏しい情報」はいくら集めてもアウトプットの役に立ちません。
アウトプットする情報は自分が覚えたり、相手に教えたりするものです。
「古い情報」「信憑性の乏しい情報」を覚えたところで、誰も得はしないですよね。
なので、インプットする情報は「最新情報」「信頼に基づく情報」を集めることを心がけましょう。

インプットするときのポイント
  • たくさんの情報をインプットする
    情報収集をしっかりと行わなければアウトプットできない
  • 最新情報をインプットする
    情報が古くなると今の時代に役立たないこともある
  • 信頼に基づく情報をインプットする
    憶測の情報だと人は納得してくれない

もし、インプットのやり方を見直したのにアウトプットがいまいちと感じたら、いよいよアウトプット力を疑うべきです。
続いては、アウトプット力を鍛える方法について紹介します。

アウトプット力を鍛えるのは「読書」と「継続」

「アウトプット力を鍛える方法は?」
「アウトプットはどうやって勉強するの?」
「アウトプットの練習法を知りたい」

アウトプットが苦手な方は、アウトプット力を鍛える練習を行うことで克服できます。
アウトプットを鍛える方法は以下のとおりです。

アウトプット力を鍛える方法
  • 読書の情報をアウトプットする
  • 誰かにアウトプットを評価してもらう
  • アウトプットを継続して行う

読書を行うとアウトプットしやすい環境を整えることができます。
読書は「声に出して読む」「文字を目で追う」「ページをめくる」といった動作を行う必要がありますよね。
読書は運動神経と結びついた動作が多いため、インプットした情報を効率よくアウトプットできるんです。
Webサイトでも情報収集はできますが、スマホだと便利なスクロールを活用しすぎて情報をザックリと読み飛ばしてしまいがち。
アウトプットするときは得た情報を深く考える必要があるため、流し読みで得た情報ではうまく考えがまとまりません。
読書ならじっくりと読むので考える間が作りやすく、アウトプットするには最高のツールといえるんです。

アウトプットは読書をするとうまくいく

次に、アウトプットは誰かに評価してもらったほうが伸びます。
たとえば、料理本の情報をインプットしたら、アウトプットするために実際に作ってみますよね。
このとき、「料理本どおりに作ったんだから美味しいだろう」と作った本人は思ってしまうところですが、味は食べて見なければ分かりません。
もっといえば、自分が美味しいと感じたところで、誰かに美味しいと思ってもらえるかどうかは別の話。
つまり、アウトプットの質を確かめるためには、誰かに評価してもらうのが1番早いんです。

編集長・菅野編集長・菅野

アウトプットを他人に評価してもらうことは、新しい気づきにつながることもあります。
「もっと醤油を入れたほうがいいのでは?」と言われたら、たとえレシピ本に書かれている定量でなくても試してみるべきです。
本を読むだけでは得られない経験こそ、有益なアウトプットを生み出すきっかけとなります。

最後に、アウトプットを継続して行うとアウトプット力が確実にあがってきます。
これはすべての行動に共通することですが、やって見なければ実体験は得られません。
「よし、インプットの情報をうまく引き出せることができた」
「このアプローチだと、いくら頑張ってもインプットの情報を魅力的にアウトプットできない」
実際にアウトプットをやってみなければ、「成功の秘訣」も「失敗の理由」も気づけないわけです。
アウトプットを続けることで、情報の見せ方が研ぎ澄まされていきます。
アウトプット力を1日で養うことはできませんが、繰り返しアウトプットすることで確実に身につけることができるんです。

編集長・菅野編集長・菅野

何事も続けることが1番難しいんです。
なかなか思うように続かないときは、ハードルを下げて「とりあえずアウトプットしてみる」といいです。
とりあえずアウトプットした情報をみて、「何が足りなかったのか?」を考えて、あとから情報をつけ足しすることでもアウトプット力は伸びます

アウトプット力を鍛える方法が分かったら、あとは実践するのみ。
アウトプットを勉強で活かすときは、何から始めればいいのでしょうか?

アウトプットを勉強で活かすときはノートを活用する

アウトプットの必要性は学習にも当てはまります。
アウトプットを勉強で活かすときにはノートを活用するといいです。
ノートは、アウトプットする最適な方法「書き出す」を手助けしてくれるツール。
アウトプットした情報をノートに書き出すことで、頭の中を整理することができます。
また、ノートに書かれた情報は読み返すことで記憶に定着しやすくなるため、暗記したいときほどノートを活用すべきです。

編集長・菅野編集長・菅野

ノートに書き出した情報を読み返すときは「朗読」するといいです。
「口を動かす」「耳で聞く」といった行動を行うことで、より記憶に定着しやすくなります。

ノートの取り方についても触れておきますね。
ノートを取るときは、以下のポイントを抑えておくといいです。

ノートの取り方で押さえておくポイント
  • 講師が喋っている内容もアウトプットする
  • 読み返しやすいようにノートを色付けする
  • 自分の意見や考えを書き加える

黒板に書かれていることをノートに写しただけでは、あまり質が高いアウトプットとはいえません。
本当に重要な情報とは、講師の言葉の中にあります。
たとえば、学校の先生が「ここテストに出やすいぞ」といったら、絶対に覚えておくべき内容といえますよね。
そういった情報をいち早くインプットし、ノートにアウトプットしておくといいわけです。

また、読み返すことができないノートはアウトプットしたことにはなりません。
「汚い字のノート」「行間が隙間なく書かれたノート」は、アウトプットには適さないノートの取り方です。
アウトプットできるノートを目指すのなら、読み返せるようにきちんと色付けをしておきます。
「見出し」「覚えたい単語」「重要な言葉」にアンダーラインを引いておくだけでも、アウトプットしやすいノートが取れるようになるんです。

そして、自分の意見や考えをノートに書き加えておくことも重要です。
「これは面白い話だった」「どうしてこうなったんだろう?」といった意見を書き出しておくことで、感情と記憶を結びつけることができるからです。
「楽しい出来事」「つらかった出来事」って、なかなか忘れられないですよね。
勉強で暗記するときも感情と結びつけたほうが覚えやすくなります。

編集長・菅野編集長・菅野

自分にとってやりやすい勉強の方法は、人それぞれだと思います。
ここでは基本的なノートの取り方を紹介しましたが、あなたがアウトプットしやすい方法を見つけることも大事です。

ここまで、アウトプットの勉強法について紹介しました。
続いては、ビジネスのスキルを磨くときのアウトプットについて解説していきます。

アウトプットをビジネスのスキルに活かすときは幅広くインプットする

「ビジネスに役立つスキルを磨きたい」
そう思ったら、アウトプットを始めようと思うはず。
では、アウトプットした情報を仕事に役立てたいと考えたとき、何からすればいいのでしょうか?
それは自分が知らないことを幅広くインプットすることです。
自分が知らない情報をインプットしたいときは、以下の方法で情報を探すといいです。

ビジネスのスキルを磨くためにインプットするときの情報源
  • インターネットの情報をインプットする
  • 自己啓発の本をインプットする
  • 専門家の話からインプットする

インターネットには無数の情報が蓄積されていますので、たくさんの情報をインプットすることができます。
ただし、インターネットの情報は膨大なため、1つ1つチェックしていくと時間をロスしやすいです。
また、「信憑性の高い情報」かどうかの見極めも必要となってきますので、アウトプットするまでの時間が長くなる傾向にあります。

もし、まとまった情報を素早く収集したいと考えているなら、自己啓発の本から情報をインプットするといいです。
本はプロの編集者が校閲しているおかげで文章が読みやすく、アウトプットするまでの時間を短縮できるメリットがあります。
ただし、過去に出版された書籍だと「最新情報」にならないこともありますので、自己啓発で選ぶ本は「時代が移り変わっても役立つ情報」がオススメです。

ビジネスの最新情報を素早くインプットしたいと思っているときは、その業界の専門家からインプットさせてもらうべきです。
会社の先輩に業界の専門家と知り合いがいるなら、紹介してもらって話を伺うのもいいと思います。
他には、自己啓発セミナーが定期的に開催されていますので、そういったセミナーに積極的に参加していくことでもインプットすることができます。

編集長・菅野編集長・菅野

自己啓発のためにインプットしたら、必ずアウトプットしましょう。
自己啓発の本を読んだだけでは、なんの意味もありません。
本に書かれていた内容を実践することで経験が得られ、より深いアウトプットが考えられるようになります。

ここで、自己啓発のアウトプットに役立つ書籍をいくつか紹介紹介しておきますね。

まんがでわかる7つの習慣

まんがでわかる7つの習慣
価格:1,100円
(2020年3月17日 15:00時点のAmazon価格)

ビジネスマンたるもの、「7つの習慣」ぐらいは読んでおいたほうがいいです。
それぐらい有名なベストセラーの書籍となります。
「7つの習慣」の原文は分厚いのでなかなか手が出しにくいですが、こちらの書籍はマンガなので簡単に読み進められます。

この本についてもっと詳しくみる

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−
価格:2,420円
(2020年3月17日 15:00時点のAmazon価格)

インターネットで集客できれば、世界をマーケットにすることだって可能です。
本書ではマーケティングの基礎が網羅されているため、読むだけでWebマーケティングを理解することができます。
読みやすいマンガ形式の文章ですので、難しい内容も頭に入りやすい良書。

この本についてもっと詳しくみる

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

 

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り
価格:1,540円
(2020年3月17日 15:00時点のAmazon価格)

星 渉さんは作家・講演家・起業家をプロデュースしている人物。
数々の講演を定期的に行っており、たくさんの人々を指導してきました。
そんな星さんが出版した本書では、ビジネスにも役立つ伝え方の大切さが余すことなく書かれています。

この本についてもっと詳しくみる

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル
価格:1,980円
(2020年3月17日 15:00時点のAmazon価格)

新規顧客を獲得するより、リピーターに利用し続けてもらったほうが安定した収益を生み出すことができます。
そのため、最近のビジネスではサブスクリプションが注目を集めています。
リピーターを増やしたいと思っている方には必見の書籍です。

この本についてもっと詳しくみる

東大No.1頭脳が教える 頭を鍛える5つの習慣

東大No.1頭脳が教える 頭を鍛える5つの習慣
価格:1,540円
(2020年1月20日 15:00時点のAmazon価格)

水上颯さんはご存知でしょうか?
「東大のクイズ王」の称号をほしいままにした人物です。
そんな彼の頭の中はどうやって鍛えられているのか、5つの習慣から解説されている良書。

この本についてもっと詳しくみる

アウトプットを積極的に行える人は「主張できる人」「仕事ができる人」と評価してもらうことができます。
もし、アウトプットを発信する練習がしたいのなら、ツイッターのツールを利用するといいです。
ツイッターで自分の考えを正しく主張できれば、その主張に賛同した人がフォロワーになってくれます。
ツイッターだとアウトプットの質がフォロワーを通じて判断できますので、アウトプットの練習には最適のツールといえるでしょう。

さて、ビジネスに関するアウトプットのやり方はイメージできたと思います。
続いては、アウトプットした情報をブログで発信するコツもお話ししておきますね。

アウトプットをブログで活かすときはユーザー目線を意識する

アウトプットを「発信する」ことに活かしたいなら、ブログのツールをオススメします。
「ツイッターではダメなの?」と思われる方もいるでしょうが、ツイッターは文字数の縛りがあるので自己表現が制限されやすいです。
その点、ブログなら文字数の縛りがないため、より自分の気持ちをストレートに伝えることができます。
また、ブログ内をカスタマイズすることで、自由なコンテンツを生み出すことが可能です。
たとえば、イラストを挿入したり、音楽を流してみたり、動画を埋め込んだりできますので、色々な表現方法でアウトプットすることができます。

ただし、ブログで情報発信していく場合は、気をつけなければならないことがあります。
それはユーザー目線を意識することです。
ブログでなくてもユーザー目線は意識すべきなんですが、ブログの場合はなおのこと重視しなければなりません。
何故かというと、ユーザーが利用しないブログの記事はグーグルの検索ランキングに表示されないからです。
ツイッターだとフォロワ-を増やしていけば、ツイートを読んでくれる人を意図的に集めることができます。
しかし、ブログの記事にユーザーを誘導したいときは、グーグルの検索ランキングの上位に入り込まなければなりません。
グーグルは「ユーザーの役立つ記事を評価します」と公言しているため、ユーザー目線を意識した情報をアウトプットする必要があるんです。

編集長・菅野編集長・菅野

グーグルのユーザーファーストには理由があります。
ユーザーが満足する記事を表示できなければ、グーグルの検索エンジンの信用が失われてしまうからです。
だから、ユーザーが満足する記事を心がければ、グーグルはあなたのブログを評価してくれます。

それでは、実際にどんな記事を書けば、ユーザー目線を意識したブログになるのかも紹介しますね。
たとえば、「トマトを使った料理」についてアウトプットしたいと思ったとき、自分の知っているノウハウをそのまま書き出しても検索されづらいです。
ユーザー目線を意識した記事が書きたい場合、「トマトを使った料理を作るとき、ユーザーが知りたい情報は何か?」を書き出す必要があります。
このときに参考となるのは、かつて初心者だった自分の心境です。
情報をインプットするまでは、あなたも初心者だったはず。
あなたが初心者だったとき、「どんなことが疑問だったのか?」「どんな情報が知りたかったのか?」を思い出してください。
そうした情報を記事にまとめることで、検索ユーザーが満足する記事が書けるようになります。

ブログの記事を書くときに気をつけることは他にもありますので、興味がある方は以下の記事も参考にしてみてください。

以上、アウトプットの方法について解説しました。
最後に、アウトプットのやり方を書籍で学ぶときのオススメを紹介しておきます。

アウトプットを本で学ぶときのオススメは「アウトプット大全」

アウトプットの方法について、もっと深く知りたいと思っているならアウトプット大全を読んでみるといいです。
アウトプット大全とは、樺沢紫苑さんが出版したアウトプットの方法が学べる書籍のこと。
アウトプットのメカニズムがイラストで分かりやすく解説されており、自己啓発の本が苦手な方でもスラスラと読めるのでオススメです。
アマゾンでは常にベストセラーとして高評価されていますので、気になった方は読んでみてください。

この書籍についてもっと詳しく見る

まとめ

アウトプットができるようになれば、どんな情報も覚えることができますし、どんな情報でも発信することができます。
アウトプットは、あなたの可能性を広げることができる方法です。
「新しいことに挑戦したい」「今の自分を変えたい」と思っているなら、インプットした情報をアウトプットしてみてくださいね。