アウェー感の意味

「アウェーの意味や反対語、言い換えなどを詳しく知りたい」
「アウェー感だと意味が変わるの?」
「アウェー感を乗り越える方法を知りたい」

なんとなく耳にしたことがあるアウェーという言葉。
ただ、誰かに「意味を説明して」と言われたら、なかなか正しく解説できないかもしれませんね。

本記事では、アウェーの意味から語源まで、詳しく解説していきます。

さらに、アウェー感と表現したら意味が変わるのかも一緒に紹介していきますね。
また、職場のアウェー感を克服する方法もお話しさせていただきます。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

スポーツだと、よくアウェーって聞きますよね。
でも、どんな意味か説明するのは難しいかも。

アウトプット編集長アウトプット編集長

アウェーは、とくにサッカーで使われることが多いね。
その意味から転じて、日常生活でも『アウェー感』ということがある。

この記事では、職場や学校で感じやすいアウェー感を克服する方法も紹介していくね。

それでは、まずはじめにアウェーの意味について紹介していきますね。
アウェーの意味が正しく分かれば、アウェー感の対処法もおのずと分かってきます。

アウェーの意味は『遠く離れて』『敵陣』

アウェーの意味を知るためには、語源である英語のawayを覚えてもらう必要があります。

awayの読み方はアウェー・アウェイのどちらでも大丈夫です。
awayの意味は『遠く離れて』『よそへ』となります。

ですが、日本だとあまり『遠く離れて』という意味でアウェーを使うことはありません。
何故なら、サッカーでよく使われているアウェーの意味が浸透しているからです。
その意味とは敵陣ですね。

awayの『遠く離れて』という言葉は『遠方』と言い直すことができますので、その意味が転じてアウェーは敵陣という意味で使われるようになったんです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

サッカーでは『アウェーゴール』といったルールがあるぐらい、アウェーという言葉がよく使われていますね。

日本では、Jリーグが始まった頃からサッカーブームに火がつきました。
そのため、awayの正しい意味よりも、サッカーで使われているアウェーの意味が浸透していったんです。

以上、アウェーの意味について解説しました。

続いては、アウェーの反対語(対義語)について紹介していきます。

アウェーの反対語は『ホーム』

アウェーの反対語(対義語)は、サッカーを見ている人なら簡単に分かるかもしれませんね。

アウェーの反対語は『ホーム』です。

サッカーでは、よく『ホーム・アンド・アウェー』といった言葉が聞かれますね。
日本VS韓国なら、日本国内でサッカーを行うときは『ホーム戦』です。
逆に、日本チームが韓国でサッカーをプレイするときは『アウェー戦』となります。

このように、サッカーのルールが頭に入っていれば、アウェーの反対語は覚えやすいと思います。

では、アウェーの類語(言い換え)は何になるのでしょうか?

アウェーの類語は『よそ者』

アウェーの類語(言い換え)は、日本語だとたくさんあります。

とくに分かりやすいアウェーの類語は『よそ者』ですね。
ホーム(自陣)ではない場所にやってくるわけですので、よそ者という言葉がピッタリだと思います。

また、敵陣という意味が転じて『不利な状況』『不利な条件』といった意味でアウェーを使うことがあります。
ですので、これらの言葉を類語としてそのまま使っても問題ありません。

それでは、今まで紹介した情報をもとに、アウェーの正しい使い方についても触れておきますね。

アウェーの使い方は『アウェー感が半端ない』

アウェーの使い方は、スポーツなどの試合があるときに使います。

「今日はアウェー戦だ」
「アウェーだけど、ホームのように試合を楽しもう」

ですが、アウェーには『不利な状況』『不利な条件』といった意味もあるため、日常生活においてもアウェーを使うことができるんです。
そのときは、アウェー感と表現することが多いですね。

アウェー感の使い方は以下のとおりです。

アウェー感の使い方
  • 「アウェー感を感じる」
  • 「アウェー感が半端ない」

どちらかといえば、若者言葉といえるかもしれませんね。
ですが、新しく転勤した職場や転校した際に、このアウェー感を感じることはよくあるはず。

そこで、アウェー感が苦手で困っている方のために、アウェー感を克服する方法を紹介しておきますね。

アウェー感の意味を理解し、職場のアウェー感を克服する方法

アウェー感の意味を分かりやすく説明すると、『新しい環境に入ったとき、居心地が悪く感じてしまう状態』のことですね。
では、具体的にどんな状況だとアウェー感を感じてしまうのでしょうか?

人間は、以下のようなときにアウェー感を感じることが多いです。

アウェー感を感じやすい環境
  • 新しい職場に転勤したとき
  • 新しい学校に転校したとき
  • 新しい習い事を始めたとき
  • 新しいバイトを始めたとき
  • 結婚して相手方の親族に入ったとき

もちろん、『新入社員として会社に入ったとき』『学年があがった際にクラス替えを行ったとき』にもアウェー感を感じることはあります。

ですが、新入社員だと同期という存在がいます。
クラス替えのときには、知っているクラスメイトが何人かいるものです。
そのため、アウェー感というほど不利な状態とはいえませんね。

つまり、アウェー感は周りに味方がないときほど感じやすくなるんです。

味方がない状態だと、誰しも不安になりますよね。
では、そういうときはどうやってアウェー感を克服すればいいのでしょうか?

アウェー感の元凶が『敵意』だと勘違いしない

おそらく、アウェー感を感じている人は「まわりが敵だらけだ」と勘違いしていることが多いです。
ですが、相手の方々はあなたのことを敵だと思ってはいません。

ここはすごく重要なポイントなので、よく覚えておいてください。
あなたは、彼らの環境に新しくやってきたわけですよね。
ですので、彼らは「この人は敵だから距離を置こう」と思っているわけではなく、「どうやって接すればいいかまだ分からない」と思っているだけなんです。

もちろん、相手があなたに敵意を持っているときは、今の環境を短期間で変えるのは難しいかもしれません。
ですが、相手に敵意がないのなら、アウェー感はあなたの行動1つで解決させることができます。

その方法とは、自分から相手に歩み寄ることです。

アウェー感から早く抜け出したいときは自分から相手に歩み寄る

たとえば、新しい職場で相手の方々がウェルカムな雰囲気を作ってくれるのなら、あなたは何の苦労もなくアウェー感を克服することができます。

ですが、大抵の場合は自分から行動しなければ、アウェー感から逃れることはできません。
何故なら、相手からすれば、あなたと仲良くならなくても今の環境で生活できるからです。

ですので、あなたがアウェー感から早く抜け出したいときは、自分から相手に歩み寄るようにしましょう。

相手に歩み寄る方法は、ごく自然な会話からはじめるといいです。
たとえば、「おはようございます」「ありがとうございます」といった挨拶だけでも、相手に好感を持ってもらえます。

あなたがよそ者から仲間として受け入れられる期間は、あなたの行動1つで短くすることができるんです。

アウェー感は自分から行動することで克服できる

最初は緊張するかもしれませんが、相手に敵意がなければすんなりと受け入れられるものです。
なので、積極的に話しかけていきましょう。

アウトプット編集長アウトプット編集長

とくに、相手を褒めることを意識してください。
褒められて嬉しくない人はいませんので、相手の仕事ぶりや言動を褒めていけば、相手との距離を縮めることができます。

最後に、アウェー感をこじらせてはいけない理由をお話ししておきます。

アウェー感をこじらせると仲間外れやいじめに発展するので注意する

アウェー感は、時間が解決してくれることもあります。
ですので、何もしないで今の状態をキープし続けている方は意外と多いです。

しかし、あなたが何も行動しないと、仲間外れやいじめに発展する危険性もあるので注意が必要です。

「あの人は同じ職場なのに、ちっとも協力的じゃない」
「そっちから入ってきたのに、まったく礼儀がない」

仲間外れになる理由は、あなたのほんの些細な言動から起こることもあります。
そういうリスクを考えると、やはりあなたのほうから相手に歩み寄るのがベストだといえそうです。

まとめ

アウェーの意味を簡単にまとめておきますね。

アウェーの意味まとめ
  • 語源のawayは『遠く離れて』
  • 日本ではサッカーで使われる『敵陣』という意味が浸透している
  • 『敵陣』の意味が転じて『不利な状況』に使われることが多い
  • 日常生活では『アウェー感』と使われる
  • 職場のアウェー感を克服したいときは自分から相手に歩み寄る

人生で、アウェー感を感じることって結構多いですよね。
ですが、逃げたところで何も解決はしません。

ぜひ、自分から相手に歩み寄り、仲良くなるように心がけましょう。
そうすれば、いつの間にかアウェーの状態からあなたのホームに変わっているはずです。