自分に合わない会社を辞めた女性社員

「頑張ってみたけど、やっぱり今の会社は自分に合わない気がする……」
「自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいいの?」

行きたくもない会社に通勤するために、毎日早起きするのって苦痛ですよね。
だからこそ、あなたは会社を辞めるべきか悩んでいるはずです。

ですが、あなたには「このまま会社を辞めていいのだろうか?」「ただの甘えなんじゃないか?」という気持ちがあるため、本当に会社を辞めるべきか迷っているのではないでしょうか?

本記事では、あなたが悩み続けてきた「自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいいのでは?」という疑問に対する答えを紹介していきます。

アウトプット編集長アウトプット編集長

かつて、私も会社を辞めたいと思いつつも、「つらくても頑張るのが社会人になること」「すぐに会社を辞める人間は恥」と自分に言い聞かせながら仕事を続けていました。

ですが、そんなプライドや世間の評価は自分の人生にとって1円の価値もないことを痛感したとき、すんなりと仕事を辞めることができました。

今では独立し、自分の好きなことを仕事に活かせる毎日を過ごしています。

アウトプット編集長アウトプット編集長

そんな私だからこそ、自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいいのか迷っているあなたに伝えられることがあります。

それは、すぐに会社を辞めることはなんの恥でもないですし、次の仕事もちゃんと見つけられるという事実です。
この答えを知らないばかりに、今の会社が辞められない方って多いんですよね。

ですが、安心してください。
次の転職先は、ちゃんと見つけられます。

もちろん、そのまま会社で働くことも選択肢としては間違いではありませんので、この記事を最後まで読んだからといって、すぐに会社を辞める必要はありません。

この記事で伝えたいことは、あなたは会社を辞めるという選択肢を選んでもすぐに次の転職先を決められる方法があるという事実です。

「すぐに仕事を辞めた人間は絶対に就職できないから、今の会社で頑張りなさい」というまやかしの言葉のせいで、今後も苦しむ必要はないんです。

あなたに合う仕事は探せば必ず見つかります。
この事実さえ覚えておけば、あなたの気持ちは今よりもずっとラクになるはずです。

自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいい3つの理由

まずは、自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいい理由を明確に覚えておきましょう。
そうすることで、あなたが抱えている今の悩みが本当に耐えきれなくなったとき、すんなりと会社を辞めることができるはずです。

自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいい理由は3つあります。

自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいい理由
  • 自分に合わない会社だと出世しない
  • 自分に合わない会社に通い続けたら身体を壊す
  • 自分に合わない会社にいたら時間を無駄にする

どういうことなのか、それぞれの項目を詳しく解説していきますね。

自分に合わない会社だと出世しない

社会人の方に「今の会社を続けている理由は何ですか?」と尋ねると、仕事にやりがいを感じる給与額に満足しているの2通りの解答が多いです。

つまり、仕事にやりがいを感じると頑張って業務をこなすようになるため、結果として出世しやすくなり、その役職に見合った給与が支払われているというわけですね。

ですが、自分に合わない会社だと仕事にやりがいを感じないので、情熱をもって仕事をこなすことができません。
さらに、そういった姿勢だと仕事で結果を出すことが難しいため、給与が増えるような役職を与えられるチャンスもありませんよね。

つまり、あなたは社会人が会社を続ける理由『仕事にやりがいを感じる』と『給与額に満足している』の2つがない状態で、今後も仕事を頑張り続けなければならないことになります。

仕事が楽しくないのに給与すら満足できないのなら、さすがにつらすぎますよね。
そう考えると、自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいいんです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

もちろん、出世欲がない方もいますよね。
もし、出世欲はないけど給与は高くしてほしいと思っているのなら、もともと基本給が高い仕事に就く必要があります。

さて、あなたは今の会社の基本給に満足していますか?
もし、基本給に満足していないのに出世欲すらない場合、やはり基本給が高い仕事を探したほうがベストな人生だと思います。

自分に合わない会社に通い続けたら身体を壊す

「社会人になったら仕事のストレスは当たり前」
「そうやって人間は大人になるんだよ」

こういった言葉を信じて仕事を続けてきた結果、身体や心を壊してしまった方は世の中に大勢いるんです。

ストレスや心の傷は、人によって耐えられるキャパが異なります。
ですので、他の人と同じように理不尽なことや嫌なことを無理に続けてしまうと、簡単に身体を壊してしまうんです。

ちなみに、私は以下のような症状に苦しんでいる方と実際にお会いしたことがあります。

仕事のストレスが原因で身体を壊した例
  • 電車に乗ろうとすると吐いてしまうようになった方
  • 職場で怒られ過ぎた影響で対人恐怖症となり、自宅に引きこもってしまった方
  • ストレスが原因で片目が見えなくなってしまった方(心因性視覚障害)

心因性視覚障害は子供に起こりやすい病気という認識が強かったのですが、人によっては大人の方でも発病してしまうようで、その方は本当につらそうでした。
ちなみに、その方が仕事を辞めたあと、視力も徐々に回復に向かっていったそうです^^
ただ、もしあのまま仕事を続けていたらどうなっていたかと思うとゾッとします……。

あなたの身体は一生ものです。
仕事は生活の一部に過ぎませんので、あなたの身体や心を代償にしてまで頑張る必要はありません。

もし、あなたの中で「もう無理だ!耐えられない!」という気持ちになったときは、できるかぎり早く仕事を辞めたほうがいいでしょう。

自分に合わない会社にいたら時間を無駄にする

自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいい最大の理由は、自分に合わない会社にいたら時間を無駄にするということです。

時は金なりとはよく言ったもので、あなたは今の会社にいたところでなんのキャリアも積むことができず、ただただ年齢ばかりが増えてしまいます。
つまり、あなたの人材としての価値がどんどん薄れてしまうんです。

「でも、せめて3年ぐらいは働いたほうが次の就職で有利に働くんじゃないの?」と思っている方は、ぜひ優良企業が第二新卒の人材を求めている現状を覚えておきましょう。

第二新卒とは、就職してから3年未満で離職した若者を指す言葉となります。
つまり、3年以上働いてしまったら、第二新卒のチャンスをみすみす逃してしまうことになるんです。

優良企業が第二新卒の人材を求めている理由は以下のとおりです。

優良企業が第二新卒の人材を求めている理由
  • 様々な事情で今年の新卒が確保できなかった
  • 新卒よりも即戦力になりやすい
  • キャリアが浅いので自社のノウハウを素直に学んでもらいやすい

これらの理由からも分かるとおり、実は3年未満で仕事を辞めている人間であっても企業は若手がほしくてたまらないんです。

ですので、あなたが今の会社が合わないと思っているのなら、好条件で転職できるチャンスを逃す前に仕事を辞めたほうがメリットが大きいといえます。

アウトプット編集長アウトプット編集長

企業が新卒獲得のために、あらゆる努力をしていることは、なんとなく想像できると思います。

ですが、新卒が思うように採用できなかった企業が若手の人材を獲得するために、第二新卒の募集に力を入れている事実はあまり知らない方も多いみたいですね。

ですので、あなたが仕事を辞めることができない理由が『すぐに辞めると再就職しづらくなる』という話だったら、何も迷う必要なんかありません。

むしろ、すぐに仕事を辞めたほうが好条件の求人に応募できるチャンスがあると覚えておきましょう。

以上、自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがいい理由を解説しました。

では、実際にどうやって仕事を辞めて、どうやって次の転職先を探せばいいのでしょうか?
続いては、今の会社を最低限のリスクで辞める方法を紹介します。

今の会社を最小限のリスクで辞める方法

あなたがすぐに仕事を辞められないのは、おもに3つの理由があるからです。
ただし、その中の1つの悩み(すぐに仕事を辞めると再就職で不利になる)は、さきほど紹介したとおり、企業は第二新卒の募集に力を入れていますので、すでに解決済みとさせていただきます。

あなたが今すぐに仕事を辞めれない理由
  • すぐに仕事を辞めると再就職で不利になる(企業は第二新卒の募集に力を入れているので問題ない)
  • 仕事を辞めたいと上司に言い出せない(職場の人にどんな態度を取られるか不安)
  • 次の転職先をどう探せばいいか分からない(自分に合った仕事を見つけられるか不安)

つまり、残り2つの悩みを解決できる方法を覚えておけば、あなたは好きなタイミングで仕事を辞められるということです。

ですので、すぐに行動に移すかどうかは別にして、今の会社を最低限のリスクで辞める方法をしっかりと覚えておきましょう。

まず、仕事を辞めたいと上司に言い出せない問題を解決する方法は、退職代行サービスを利用することです。
つまり、業者に退職を任せることで、あなたは明日から会社に行かなくてもよくなります。

退職代行サービスの唯一のデメリットは費用が20,000~30,000円ほどかかることですが、面倒な職場の人間関係を一瞬にして断ち切れると考えれば安い買い物だと思います。

ここでは、とくに有名な退職代行サービスを2つ紹介しておきますね。

男の退職代行&わたしNEXT

男の退職代行の口コミ男の退職代行:26,800円
わたしNEXT:29,800円

合同労働組合・toNEXTユニオンが運営する男の退職代行わたしNEXTは、退職代行をはじめて利用する方にオススメの退職代行サービスです。

どちらも性別に特化しているため、あなたの退職事情を親身になって聞いてくれますし、何よりスムーズな退職代行を可能としてくれます。

【男の退職代行】で相談してみる
【わたしNEXT】で相談してみる

退職代行ネルサポ

退職代行ネルサポの口コミ料金:24,000円(2回目以降は20,000円)

退職代行ネルサポは、業界最安値の退職代行サービスです。
しかも、リピーターはさらに金額が安くなるため、退職代行費用を抑えたいときは利用するべきサービスです。

ネルサポで相談してみる

以上、仕事を辞めたいと上司に言い出せないときの解決方法でした。

続いては、次の転職先をどう探せばいいか分からないという悩みの解決方法を紹介します。
この悩みの根底にあるものは、おそらく「自分に合った仕事を見つけられるか不安……」という気持ちではないでしょうか?

確かに、あなたは今の会社に就職してしまったという事実があるため、「本当に、次はちゃんと自分に合った会社が選べるのだろうか?」と不安になってしまうのも無理はないですね。

ですが、その失敗を反省し、次に活かすことができれば、あなたはちゃんと自分に合った会社を選ぶことができるようになります。

では、あなたが今の会社を選んでしまった失敗とはなんだったのでしょうか?
それは、就職のプロに相談しなかったことです。

多くの人は就職活動を1人で行ってしまいます。
相談するにしても、きっと友達や家族ぐらいですよね。
ですが、それだと「その会社でいいと思うよ」の一言だけで終わってしまうはずです。

あなたが本当にほしい就職活動のアドバイスは、「この企業はあなたがやりたいと思っている業務もあるし、何より若手の人材育成にも力を入れているからいいと思う」といった言葉ですよね。
そういった的確なアドバイスができるのは、転職のプロしかいません。

ですので、転職活動は転職のプロと二人三脚で行ったほうがあなたに合う仕事が見つかりやすいんです。

転職エージェントのサービスなら、あなたは無料で転職のプロに相談することができます。
ただし、転職エージェントによって紹介できる会社が異なりますので、転職エージェントはいくつか並行して利用すると、効率よく自分に合った会社が選べるようになるのでオススメです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

ちなみに、転職エージェントは就職中も登録することができます

もし、今の仕事の悩みを相談できる相手がいないのなら、ぜひ転職エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)に相談してみるといいです。
もしかしたら、あなたが想像していなかった解決策を教えてくれるかもしれません。

もちろん、転職エージェントを利用していることは、今の会社には秘密にしてくれますので、安心して利用してくださいね。

それでは、とくにオススメな転職エージェントを紹介しておきますね。

マイナビエージェント

マイナビエージェントの口コミ

マイナビエージェントの知名度については、もはや説明不要かもしれませんね。
そのため、大手の転職エージェントだからこそ扱っている非公開求人が数多くあることが強みとなっています。

転職エージェント選びに迷ったら、とりあえずマイナビエージェントは登録しておくといいです。

マイナビエージェントで相談してみる

type転職エージェント

type転職エージェントとは

type転職エージェントは、インターネット関連の仕事に強い転職エージェントです。
IT系やWeb関連で働いてみたいと思っている方は、こちらのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

type転職エージェントで相談してみる

DYM就職

DYMの実績

DYM就職第二新卒・既卒・フリーター向けの求人に強い転職エージェントです。
取り扱っている企業は大手ばかりですので、今の会社よりも給与アップを十分狙うことができます。

DYM就職で相談してみる

まとめ

自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうがあなたのためです。

  • 会社に退職を言い出しづらいときは退職代行サービスを利用する
  • 自分に合った会社に転職したいときはプロに相談できる転職エージェントを利用する

この2つのことさえ覚えておけば、あとは行動に移すだけで、あなたはいつでも今の会社を辞めることができます。

あなたにほんの少しの勇気と幸運が訪れることを、心から願っております。


読まれている記事