登録販売者は何回で合格できる?

「登録販売者は何回目で合格できるものなの?」
「登録販売者の試験を合格するための勉強法が知りたい!」

登録販売者の資格を持っているかどうかで、雇用の待遇が変わってきます。
業種にもよりますが、登録販売者の資格があるだけで1年間の手取りが30万円ほど増加した方もいるんです。
ですので、登録販売者の資格が有利に働く企業に勤めたいときは、ぜひ取っておきたい資格といえます。

ただ、登録販売者は国家資格であるため、「もしかして、試験って難しいの?」と不安になってしまった方もいるはず。
本記事では、登録販売者の試験の難易度や試験が簡単に思えるような勉強法を紹介していきます。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

登録販売者って、ドラックストアでも必要とされる資格ですよね。

アウトプット編集長アウトプット編集長

そうなんだ。
選べる仕事の幅が増えるから、登録販売者の資格は取っておいて損はないよ。

ただ、登録販売者を目指すうえで色々な不安もあると思う。
本記事では、そういった不安に対する答えも一緒に紹介していくね。

登録販売者は何回目で合格できる?

登録販売者は国家資格に位置づけられる資格となります。
そのため、「一生懸命勉強しても、自分じゃ合格できないのでは?」と不安になる人って結構多いんですよね。

そんな方にいいお知らせです。
令和3年(2021年度)に行われた登録販売者の試験で合格した人は約52%でした。
つまり、登録販売者の試験を1回目で合格できた人が半数もいたことになるんです。

もちろん、半数が試験に合格したということは、半分の方が落ちたともいえます。
ですが、次の試験に挑戦して合格した人は全体の約8割ぐらいはいるんです。

ですので、「登録販売者は何回目で合格できる?」という質問の答えは、1回目が50%、2回目が80%の確率で試験に合格できる人が多いことになります。

アウトプット編集長アウトプット編集長

登録販売者の合格率は、年々増加傾向にあります。
その理由は、登録販売者の試験に出題される問題のパターンが研究され、勉強法が確立されているからです。

ですので、あなたが想像しているよりも登録販売者の資格に合格するのは簡単すぎることだと思ってもいいでしょう。

以上、登録販売者は何回目で合格できるかを解説しました。

ただ、あなたが登録販売者の資格に対して抱いている不安は合格率だけではないはずです。
たとえば、「登録販売者は、いずれは廃止される」といったネガティブな噂を耳にしたことはないでしょうか?
そういった噂は、本当なのでしょうか?

登録販売者の廃止や役に立たないといったネガティブな噂の信憑性について

きっとあなたも、登録販売者になろうとする過程で、登録販売者についてネットで色々と調べたのではないでしょうか?
それなら、登録販売者に対するネガティブな噂を目の当たりにしたはずです。

とくに気になるのが、「登録販売者は廃止になる」「登録販売者は役に立たない」といった話だと思います。
何故、こういった登録販売者に対する悪いイメージがあるのでしょうか?

実は、登録販売者が廃止になるという噂が広まった背景には法改正が関係しています。
一昔前は、医薬品を販売するためには登録販売者(もしくは薬剤師)が営業時間の半分以上は勤務している必要がありました。
ところが、そのルールが法改正により廃止となったため、「登録販売者が不要になるのでは?」と噂されるようになったんです。

こういった法改正の背景から、「登録販売者は役に立たない時代が来る」と思われるようになったわけですね。
ですが、それは間違った考え方となります。
何故なら、もともと登録販売者の役割は薬剤師のサポートをすることだからです。

もし、登録販売者がいなくなってしまったら、薬剤師は無休で働き続けることになってしまいます。
ですので、登録販売者は今後も必要とされる存在ですので、目指す価値のある資格だといえるんです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

他にも、「登録販売者はやめとけ」「登録販売者はきつい」といったネガティブな情報もネットでは溢れているため、登録販売者を目指すことに不安が募っている方もいるはず
ですが、これも話半分で聞き流していい内容だと思います。

よく考えてみてください。
どんな仕事でも楽しいことばかりではありません。
それは登録販売者でも同じことです。

大事なのは、あなたが興味を持った仕事かどうかだと思います。
興味があるものなら打ち込むことができますので、きっと仕事のやりがいも見つけることができるはずです。

以上、登録販売者に関するネガティブな噂の信憑性について解説しました。

ただ、本当に不安なのは、やはり「どうやって登録販売者の勉強をすればいいの?」ということだと思います。
そんな方にオススメの勉強法を紹介します。

「自分は頭が悪い」と不安な方必見!登録販売者の試験が簡単すぎるようになる勉強法

「自分は頭が悪いから、登録販売者の勉強も無理そう」と諦めるのは早いです。
冒頭でも紹介しましたが、登録販売者の試験で出題される問題にはパターンがあるため、すでに勉強法は確立されています。
ですので、その勉強法を実践していくことで、誰でも登録販売者の試験は簡単すぎると思えるようになるんです。

登録販売者の試験に合格する勉強法は以下のとおりです。

登録販売者の試験に合格する勉強法
  • 出題される問題の範囲は決まっているので、そこを集中的に覚える
  • 効率的に問題を覚えるなら、過去問を解き続けるとよい
  • 長い問題文が多いので、試験は時間のペース配分を考えながら解く

つまり、登録販売者を独学で勉強するにしても、過去問を網羅した教材は購入する必要があるということです。
本屋では薄っぺらい参考書ぐらいしかないので、しっかりとした教材を用意するようにしましょう。

もし、登録販売者の教材選びに困っているときは、日本健康機構が販売している3日間集中合格法という教材がオススメです。
試験に出やすい過去問が紹介されているのはもちろん、実際にどのように勉強したらいいのかが分かる動画もついているので、はじめて登録販売者の試験にチャレンジする方ほどオススメできる教材となっています。

3日間集中合格法の詳細をみる

まとめ

登録販売者の試験が難しいと嘆いている方も多いのですが、その大半は勉強のやり方を間違っています。
間違った勉強法を続けていたら、登録販売者の試験に受かる気がしないのも無理はありません。

登録販売者の試験は、しっかりと過去問を分析し、試験に出やすい問題を暗記していれば、誰でも簡単すぎると思えるようになるはずです。

ぜひ、登録販売者の試験に合格し、新しい仕事にチャレンジしてみてくださいね。


読まれている記事