電車で席を譲らない邪魔な男性

「はっきり邪魔と言ってしまうと、相手を不愉快にさせてしまうからなるべく使いたくない」
「邪魔という言葉をもっと優しい言い方に言い換える方法ってないかな?」

ついつい気軽に使いがちの邪魔という言葉。
ですが、邪魔と言われたほうは傷つくこともあるんです。

本記事では、邪魔という言葉を優しい言い方に言い換える方法を紹介していきます。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

邪魔の類語は、どれもトゲトゲしいですよね。
日常会話に応用できる邪魔の類語って、もっと別の言い方なのかも。

アウトプット編集長アウトプット編集長

そうだね。
実際、邪魔と言われて傷ついてしまった方は多いはず。

本記事では、邪魔の意味を理解しつつ、邪魔という言葉を優しい言い方にする方法を解説していくね。

まずは、邪魔の意味から理解しておきましょう。
邪魔の意味を正しく理解できれば、別の言い方に正しく言い換えることができるようになります。

邪魔の意味は3種類ある

邪魔とは、妨げることを意味する言葉です。
ですが、一言に妨げるといっても、邪魔となっている対象や状況に応じて邪魔の意味は変化します。

ここでは、邪魔の意味を3種類に分けて説明しておきますね。

邪魔の意味

  • 進行妨害を意味する邪魔
  • 思考や活動の妨げを意味する邪魔
  • へりくだる意味で使う邪魔

では、それぞれどういうときに使う邪魔なのか、分かりやすく解説していきますね。

進行妨害を意味する邪魔

邪魔という言葉は、進行妨害に対して使われるのが一般的ですね。
たとえば、「通路にある段ボールが邪魔で部屋に入れない」といった状況のときは、邪魔という言葉を使うことができます。

ただし、気をつけてほしいのは進行を妨害している対象がモノではなく人間だった場合です。
たとえば、「満員電車の人込みが邪魔で中に入れない」というときにも、邪魔という言葉を使うことができます。
しかし、だからといって「邪魔だ、どけ!」とそのまま口にしてしまうと、他人とケンカに発展しかねません。

また、思考や活動の妨げに対して使う邪魔についても、人間相手なら言葉を選ぶ必要があります。

思考や活動の妨げを意味する邪魔

進行妨害ばかりが邪魔の対象ではありません。
あなたの思考や活動の妨げとなるモノにも、邪魔という言葉を使うことができます。

たとえば、電車の走行音がうるさいせいで集中できない場合、環境音が邪魔ということになります。
このように、邪魔という言葉は進行妨害だけでなく、精神的な邪魔に対しても使うことができる言葉なんです。

ただし、思考や活動の妨げになる邪魔な存在は、やはりモノだけではありません。
他人があなたの邪魔をすることもありますよね。

たとえば、「会社の新人に仕事の邪魔をされる」と表現することもできてしまいます。
だからといって、仕事が分からない新人に対して「仕事の邪魔をするな!」と言ってしまった日には、パワハラで訴えられる可能性もゼロではありませんので注意しましょう。

邪魔という言葉を人間に対して使っても許されるのは、へりくだる意味で使う場合のみです。

へりくだる意味で使う邪魔

唯一、邪魔という言葉を使っても相手を不愉快にさせない状況があります。
それは、自分がへりくだるときに使う邪魔です。

たとえば、「お邪魔します」という訪問時の挨拶は、日本人の礼儀ですよね。
へりくだるときに邪魔という言葉を使う分には、相手の機嫌を損ねることはありません。


さて、ここまで邪魔の意味を3つに分けて解説してきました。

ここまでの説明を聞けば、他人に対して邪魔という言葉を使ってしまうと、相手を不愉快にさせることはなんとなく理解できたはずです。

では、邪魔の類語を日常会話に言い換えるとどうなるでしょうか?

邪魔の類語を日常会話に言い換えたところで相手は不愉快に感じる

「邪魔の類語を探せば、優しい言い方にできる言葉が見つかるかも!」と思って検索している方も多いはず。

しかし、実際に邪魔の類語を調べてみると、邪魔と同じぐらいトゲトゲしい言葉ばかりが並んでいるのが分かります。

邪魔の類語
  • 妨害
    「妨害するな!」といっても邪魔と同じくトゲトゲしい表現
  • 阻害
    「阻害するな!」といっても邪魔と同じく相手を傷つける

妨害阻害といった言葉を他人に使ってしまうと、邪魔と同じく攻撃的な印象を与えてしまいます。
では、どんな言葉を使えば、相手を傷つけることなく、邪魔である意思を相手に伝えることができるのでしょうか?

邪魔という言葉を優しい言い方に言い換える方法

邪魔という言葉を優しい言い方に言い換えるヒントは、へりくだるときに邪魔という言葉が使えるところにあります。
つまり、邪魔なのは相手のせいではなく、自分のせいであることを伝えるべきなんです。

たとえば、あなたが通りたい通路に進行妨害している相手がいたとします。
この場合、「邪魔なんでどいてくれません?」と言わず、「通していただけないでしょうか?」と言い換えると優しい言い方になります。

アウトプット編集長アウトプット編集長

誰しも、自分が悪者にされてしまうと腹が立ちますよね。
だから、「邪魔だ」と言ってしまうと相手は悪者にされた気分になってしまうため、不愉快になるんです。

そこで、『私』という主語を文章に入れることで、こちらが悪いという気持ちを相手に伝えます。
「私が通りたいので、移動してもらえませんか?」
そう伝えることができれば、相手の方も気分を損なわずに移動してくれるはずです。

『思考や活動の妨げを意味する邪魔』に関しても同じことが言えます。

たとえば、新入社員に仕事の邪魔をされたからといって、それを相手のせいにしてしまうと相手は傷ついてしまいます。
そういうときは、「ちゃんと仕事のやり方を教えなかった自分も悪かった」と謝罪を付け加えると優しい言い方になります。

もちろん、仕事は甘やかすだけではいけませんので、注意すべきところは注意する必要はあるでしょう。


以上、邪魔という言葉を優しい言い方に言い換える方法を解説しました。

最後に、会話で相手を不愉快にさせない方法が学べる書籍を紹介しておきますね。

相手を不愉快にさせない会話が学べる書籍


敬語の使い方が面白いほど身につく本

普段から何気に使っている言葉が相手を不愉快にさせていることって、結構あるんですよね。
しっかりと敬語の使い方が身についていれば、『邪魔』のような言葉を使うこともなくなります。

もし、「敬語が使いこなせる人になりたい!」と思っているときは、敬語の使い方が面白いほど身につく本のような良書に目を通しておくといいでしょう。

敬語の使い方が面白いほど身につく本の詳細を確認する

まとめ

邪魔という言葉は、人を傷つける言葉です。
ですので、近しい人に使うと人間関係を悪くする恐れがあります。

ぜひ、相手の気持ちを考えながら言葉を選ぶようにしましょう。
そうすれば、邪魔という言葉は自然と使わなくなるはずです。


読まれている記事