明明後日の次の日は弥の明後日

「明明後日の次の日って何?」
「弥の明後日で合ってる?でも『弥』って何?」

今日、明日、明後日(あさって)、明明後日(しあさって)。
ここまでなら、漢字を見るだけでなんとなく意味は分かりますよね。

では、今日から数えて4日後になる日はなんというのでしょうか?
本記事では、4日後の言い換えにあたる弥の明後日の意味を分かりやすく解説していきます。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

明明後日の次は、明明明後日だと分かりやすいんですけどね。
弥の明後日の『弥』ってどういう意味ですか?

アウトプット編集長アウトプット編集長

弥の明後日の由来も答えられるようになれば、宿題でも満点が取れるようになるよ。

ただし、明明後日の次の日は弥の明後日だけではないんだ。
そのことについてもしっかりと紹介しておくね。

それでは、明明後日の次の日をどこよりも分かりやすく解説していきますね。

明明後日の次の日は一般的には弥の明後日だが、地方だと『しあさって』『ごあさって』

明明後日は、しあさってと読みます。(みょうみょうごにち、とも言う)
意味は今日から数えて3日後となります。

では、明明後日の次の日にあたる言葉は何なのでしょうか?
それは弥の明後日(やのあさって)です。
もちろん、弥の明後日の意味は今日から数えて4日後となります。

「どうして4日後が『弥』?」と思うところですよね。
弥には『おおい』『積み重なる』といった意味があるそうです。
そのため、より大きい日数を表すために弥の明後日と名付けたのではないかと言われています。

ただし、日本には弥の明後日を使っていない地域もあります。

たとえば、東日本の一部の地域では4日後を『しあさって』と表現しているところもあるんです。
「えっ、3日後が明明後日(しあさって)でしょ?」とツッコミたくなるところですが、その場合は『ささって』と言うんです。
つまり、あした、あさって、ささって、しあさってとなります。

また、西日本の一部の地域では4日後を『ごあさって』と言うところがあります。
この場合は、あした、あさって、しあさって、ごあさってという順番で使われるそうです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

どちらも共通していえるのは、語呂を意識している点ですね。
東日本の地域では、3日後をささってと表現することで、しあさっての意味が4日後だと分かりやすくしています

西日本の地域では、3日後のしあさってとの繋がりを分かりやすくするために、4日後のやのあさってごあさってと表現しているわけですね。

ですので、「明明後日の次の日は?」という宿題を出されたら、こういった解答をしましょう。

明明後日の次の日は『弥の明後日』。
弥には『大きい』『積み重なる』という意味があるため、より大きい日数だと表現するために弥の漢字が使われたと言われている。

ただし、東日本の一部の地域では『しあさって』、
西日本の一部の地域では『ごあさって』が使われているところもある。

以上、明明後日の次の日の漢字について解説しました。

さて、続いてはちょっとした余談をお話ししておきます。

日常会話では弥の明後日は使わず、4日後と説明したほうがいい

今日覚えた知識を家族や友人に披露する分には、何も問題はありません。

ですが、仕事をする年齢になったとき、取引先の方に学力があることを見せつけたいというだけで「では、次回は弥の明後日の10時でどうですか?」というのはやめておきましょう。

この理由をわざわざ伝える必要はないと思いますが、一様、紹介しておきますね。

弥の明後日を使わないほうがいい理由
  • 相手の生まれによって意味が正しく伝わらない可能性がある
  • そもそも、ビジネスシーンでは何事も簡潔に説明しなければならない

仕事の取引先は、あなたの友達ではありません。
もし、日にちを間違えてしまったら、最悪の場合、会社の信用を失う結果になることもあるんです。

ですので、仕事の取引先と約束するときは「では、4日後の〇〇日の〇曜日で」といいましょう。

以上、弥の明後日に関するちょっとした余談でした。

最後に、方言について興味をもった方にオススメの書籍をいくつか紹介しておきます。

伝わらない方言はまだまだある!方言のことがよく分かる書籍

ささって、ごあさって、やのあさって……。
地方にしか伝わらない言葉って、結構多いんですよね。
だからこそ、方言は調べれば調べるほど面白いんです。

もし、今回のことで方言について興味がわいた方は、ぜひ方言についてまとめられた書籍を手にとってみるといいでしょう。

誤解されやすい方言小辞典


東京のきつねが大阪でたぬきにばける 誤解されやすい方言小辞典

誤解されやすい方言小辞典は、誤解されやすい方言がまとめられた面白い書籍です。

可愛らしいイラストつきで内容が分かりやすいので、スラスラと読める一冊。

アマゾンで詳細を確認する
楽天市場で詳細を確認する

方言の日本地図-ことばの旅


方言の日本地図-ことばの旅

方言の日本地図-ことばの旅は、地方別の方言が分かりやすくまとめられた良書です。

方言にうとい方でも、これを読み終える頃には方言に詳しくなっているはず。

アマゾンで詳細を確認する
楽天市場で詳細を確認する

まとめ

いかがでしたか?

明日、明後日、明明後日、弥の明後日……。
使う機会はなかなか少ないかもしれませんが、ちょっと得した気分になっていただけたら幸いです。