情報処理安全確保支援士の必置化は今後あり得る

「情報処理安全確保支援士は必置化される可能性ってあるの?」
「情報処理安全確保支援士の資格を取る必要はあるのか教えて!」

日本でもサイバーセキュリティ対策に力を入れるようになりました。
そのため、情報処理安全確保支援士のような国家資格が登場しています。
ただ、人によっては「自分は(自分の会社は)情報処理安全確保支援士の資格を取得していたほうがいいのか?」と迷っているはず。

本記事では、情報処理安全確保支援士の必置化は今後あり得るのかを紹介していきます。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

日本でもサイバーテロの脅威が迫っていると聞きました。

アウトプット編集長アウトプット編集長

そうなんだ。
日本の企業の中でも、会社の情報を不正に取得するようなサイバー攻撃を受けた実例がある。

本記事では、情報処理安全確保支援士の必要性を分かりやすく紹介していくね。

情報処理安全確保支援士の必置化は今後あり得るのか?

おそらく、情報処理安全確保支援士について調べている方の多くは、「情報処理安全確保支援士の必置化は今後あり得るの?」ということが気になっているはず。
この疑問は、情報処理安全確保支援士の重要性を理解することで分かってくると思います。

まずは、情報処理安全確保支援士とはどういう資格なのかをおさらいしておきましょう。
情報処理安全確保支援士とは、サイバーセキュリティ基本法を理解し、政府機関や企業のセキュリティを確保するための助言ができる人物のことです。

つまり、情報処理安全確保支援士の資格を持つ人員がいれば、その企業はサイバーセキュリティの対策ができるようになります。

そして、この情報処理安全確保支援士を必置化させるということは、企業に必ずサイバーセキュリティの対策ができる人員を配置しなければならないということです。
そんなことは、今後あり得るのでしょうか?

結論をいえば、日本政府が情報処理安全確保支援士の必置化を企業に強いる可能性は極めて低いといえます。
その理由は以下のとおりです。

情報処理安全確保支援士が必置化される可能性が低い理由
  • 企業に余計な負担がかかる
  • 必置化させるだけの出来事が起こっていない(他国からのサイバーテロなど)

当然のことですが、情報処理安全確保支援士を必置化させるということは、企業にセキュリティ部門を強制的に作らせることになります。
ただ、IT企業ならまだしも、業種によってはパソコンにそれほど重要なデータを入れていないところもあるはずなので、「なんでうちの会社でセキュリティを強化しないといけないんだ!」と不満が出るわけですね。

ですので、実際にサイバーテロのような大きな事件が起こらないかぎり、政府が処理安全確保支援士の必置化に踏み切ることは現実的にはあり得ないといえるんです。


以上、情報処理安全確保支援士の必置化は今後あり得るかについて解説しました。

ただし、情報処理安全確保支援士が必置化される可能性が低いからといって、情報処理安全確保支援士は必要ないという話ではありません。
実は、情報処理安全確保支援士の資格を取得したほうがいいメリットがあるんです。

情報処理安全確保支援士がすぐに必置化されなくても資格を取得したほうがいい3つのメリット

情報処理安全確保支援士の資格を持つ人員は、いないよりもいたほうがいいです。
何故なら、以下のようなメリットがあるからです。

情報処理安全確保支援士の資格を取得したほうがいいメリット
  • 情報処理安全確保支援士がいることを顧客にアピールできる
  • セキュリティの基礎や応用を学ぶ機会になる
  • 【これが結論】情報処理安全確保支援士が必置化されたときに慌てずに済む

それぞれの詳しいメリットについて、より分かりやすく解説していきますね。

情報処理安全確保支援士がいることを顧客にアピールできる

まず、情報処理安全確保支援士の資格を持つ人員がいれば、顧客にそのことをアピールすることができます。
たとえば、あなたが顧客の情報を預かる仕事をしているときは、「私は情報処理安全確保支援士の資格を持っていますので安心して任してください」とアピールできるというわけです。

必置化されていない資格とはいえ、情報処理安全確保支援士は国家資格ですので、仕事に有利になることは間違いないといえるでしょう。

アウトプット編集長アウトプット編集長

セキュリティ関連の新しい事業を考えているときも、情報処理安全確保支援士の資格があると大いに役立ちます。
それこそ、企業のセキュリティに助言するサービスもできるようになるため、事業の幅を広げることができますね。

セキュリティの基礎や応用を学ぶ機会になる

情報処理安全確保支援士の資格を取るためには、セキュリティの基礎から応用を学ぶことになります。
つまり、あなたの会社のセキュリティを見直すいい機会になるともいえるわけなんです。

サイバーテロはいつ起こるか分かりません。
ですので、「うちはまだセキュリティを強化する必要はないな」と後回しにしていると、いつか痛い目に遭う日が必ずきます。
会社の大切な情報を守るためにも、セキュリティの基礎や応用を学んでおいて損はしません。

アウトプット編集長アウトプット編集長

顧客情報の流出は、会社の信用を大きく損なう結果となります。
それを未然に防ぐためにも、情報処理安全確保支援士の資格が取れるぐらいセキュリティに詳しい人員がいると、会社は安心できるはずです。

【これが結論】情報処理安全確保支援士が必置化されたときに慌てずに済む

確かに、情報処理安全確保支援士が必置化される可能性は少ないです。
ですが、必置化されないと断言できるわけでもありません。
もしかすると、何かのサイバーテロがきっかけで、企業の情報処理安全確保支援士が必置化される可能性はゼロではないんです。

ですので、今のうちに情報処理安全確保支援士の資格を取っておけば、いざ必置化したとしても、慌てずに人員を配置させることができます。

アウトプット編集長アウトプット編集長

どの資格でも同じことがいえますが、法改正があると資格取得の難易度があがることがあるんですよね。
ですので、必置化されていないうちに情報処理安全確保支援士の資格を取っておくのはアリだと思います。

以上、情報処理安全確保支援士の資格を持つメリットを解説しました。
この話を聞けば、あなたも「情報処理安全確保支援士の資格を取ってみようかな?」という気になったはず。
ただ、いざ資格を取ろうと思っても、どうやって勉強すればいいか分からず困ってしまうと思います。

もし、情報処理安全確保支援士の資格を取りたい(もしくは社員に取らせたい)と思ったときは、オススメの勉強法を実践してみてください。

情報処理安全確保支援士の資格を目指すときのオススメの勉強法

情報処理安全確保支援士は国家資格ですので、一夜漬けのような勉強法で資格を取ることは難しいです。
ですが、すでに資格を合格するやり方は確立されていますので、勉強法を間違わなければ誰でも資格を取ることができます。

情報処理安全確保支援士の資格を取るときのオススメの勉強法
  • 長文の過去問を解き続ける(試験の傾向が見えてくる)
  • 解説動画を見ながら、高得点を取るテクニックを学ぶ
  • セキュリティ関連の時事ネタを常にチェックしておく

ただ、人によっては「過去問ってどうやって閲覧するの?」「オススメの解説動画が分からない」「最新のセキュリティ情報はどうやって集めればいいの?」と悩んでしまう方もいるはず。

もし、情報処理安全確保支援士の資格に必要な情報を手に入れたいときは、支援士ゼミ のような有料サポートを受けるべきです。
情報処理安全確保支援士の高額な専門書をたくさん買うよりも安い金額で利用できますので、有料でも登録しておく価値はあると思います。

たとえば、支援士ゼミを利用しておけば個別指導を受けることができるため、分からないことはすぐに教えてもらうことができますので、情報処理安全確保支援士の資格を一発合格したい方ほどオススメのサービスなんです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

技術は常に進歩していますので、セキュリティ関連の情報も最新のものがたくさん溢れています。
そういう情報をインプットするときは、プロの講師から分かりやすく学ぶことが合格への近道だと思います。

支援士ゼミの詳細をみる

まとめ

セキュリティ問題は、明日起こるかもしれない課題です。
ぜひ、サイバーセキュリティのノウハウを熟知するためにも、情報処理安全確保支援士の資格を取ってみてはいかがでしょうか。


読まれている記事