経営賃貸の利回りを計算する男性

「賃貸経営をはじめてみたけど、まったく儲からない!」
「賃貸経営がうまくいかないときは、どうすればいいの?」

親族から物件を相続した方。
不動産投資に興味があってアパートやマンションを購入してみた方。

そういう方は、必ず賃貸経営の難しさに直面します。
そんなとき、あなたはどんな行動を取ればいいのかを本記事で紹介していきます。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

賃貸経営って、副業でも人気ですよね。

やっぱり、儲かるんですか。

アウトプット編集長アウトプット編集長

もちろん、賃貸経営で儲けている方もいるね。
ただ、まったくの初心者が気軽に手を出すべきではないジャンルともいえる。

本記事では、賃貸経営の難しさを説明しつつ、今ある物件はどうすれば儲かるようになるのかを説明していくね。

まずは、賃貸経営が儲からない理由を覚えておきましょう。
そうすれば、あなたが取るべき道もおのずと見えてきます。

賃貸経営が儲からない理由

さて、まずは賃貸経営の真実からお話ししましょう。

賃貸経営=儲からない……ではありません。
素人感覚で賃貸経営をはじめても儲からないというのが正しい表現です。

まず、あなたが土地や物件を持っている理由は2つしかありません。

  • 家族もしくは親戚から物件を相続した
  • 不動産投資に興味を持ち、副業目的で物件を購入した

どちらであっても、あなたは不動産の初心者ということになります。
では、あなたは賃貸経営について、どれくらいの時間をかけて勉強したのでしょうか?

残念ながら、ほとんどの方はネットで調べた程度の情報だけで賃貸経営を行っています。
もしそうなら、賃貸経営で儲からないのも無理はありません。

本気で賃貸経営で儲けたいのなら、最低でも以下のような問題を解決できる知識が必要となります。

賃貸経営が儲からない問題点
  • 空室対策(空室だと家賃収入が得られない)
  • ライバルとの差別化(新築アパートにどう対抗するか?)
  • 修繕費の使い方(アパートをどうやってリフォームするか?)
  • 税金や維持費(固定資産税やメンテナンスなど)

物件があるだけで、あなたは税金や維持費といったお金を払い続けなけばなりません。
ですので、賃貸経営で儲けたいのなら、必ずアパートやマンションは満室にする必要があります。

ところが、実際はアパートの築年数や立地によって入居者が集まらないことがしばしば。
そのため、入居者が来てくれるようなリフォームが必要となります。

しかし、リフォームもお金がかかりますので、不動産初心者はなかなか行動に移せない人が多いです。
ですが、何もしなければ空室問題は解決しないため、いつまで経っても賃貸経営で儲けることができません。

このように、実際の賃貸経営はお金がかかることが多すぎるため、家賃収入よりも赤字になりやすいんです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

いい立地なら、黙っていても入居者が現れてくれます。
ですが、よっぽどの資産家が家族にいないかぎり、相続する物件はそれほど恵まれていないはずです。

これは、不動産投資で物件を購入した方も同じ状況といえます。

あなたとしては儲けるために時間をかけて選んだ物件かもしれませんが、不動産初心者が購入させられるのはだいたい儲からない物件が多いです。

こういった物件を手にした場合、それなりに努力しなければ賃貸経営で儲けることはできません。
しかし、ほとんどの不動産初心者はネットで検索した初歩的なテクニックしか行っていないため、物件の空室を効率よく埋めることができないんです。

では、1人では賃貸経営が難しいという事実を知ったあなたは、これから一体どうすればいいのでしょうか?
選択肢は2つあります。

1人では賃貸経営が難しいと判断したときにあなたが取るべき行動

ここまで読めば、不動産初心者に賃貸経営は難しいことが分かってきたはずです。
それが分かったのなら、あなたの取るべき行動は2つしかありません。

賃貸経営が難しいと判断したときに取るべき行動
  • 賃貸経営を不動産のプロに委託する
  • 物件を売却する

もちろん、「不動産の儲け方を猛勉強して、脱初心者を目指す!」という選択肢もなくはありません。
ですが、そこを目指すにしても、あなたは賃貸経営のノウハウを誰かに教えてもらう必要があると思います。

そう考えた場合、賃貸経営を不動産のプロに委託するのも勉強になるはずです。

賃貸経営を不動産のプロに委託する

独学で賃貸経営を成功させた人はほとんどいません。

たとえば、賃貸経営で儲けた体験談をインターネットで紹介している方のほとんどは、はじめに不動産で成功した方に賃貸経営の儲け方を教えてもらっています。

ですので、あなたも賃貸経営で儲けたいのなら、まずは誰かに教えてもらうことを真剣に考えたほうがいいでしょう。

ただ、あなたの知り合いに不動産関係の方がいればいいのですが、それは現実的に難しいですよね。
だからといって、ネットで知り合った方にお金を支払って不動産のやり方を教えてもらったり、高額の不動産セミナーに通ったりするのは抵抗があるはず。

では、リスクを最小限に抑えて、今の賃貸経営を成功させる方法はないのでしょうか?
実は、1つだけあります。

その方法は、賃貸経営を不動産のプロに委託することです。
この方法なら、あなたの代わりに不動産会社がアパート・マンション管理を行ってくれますので、あなたは賃貸経営をわざわざ覚える必要すらありません。

賃貸経営の委託形態でオススメなのはサブリースです。
サブリースとは、不動産会社に物件を貸し与える代わりに、不動産会社から物件の賃料がもらえる委託形態のこと。

つまり、サブリースなら物件にいくら空室があっても、あなたは不動産会社から一定の賃料をもらい続けることができるんです。

ただし、サブリースをお願いする不動産会社選びは慎重に選ぶ必要があります。

とくに、サブリースはCMが全国で流れているような大手の不動産会社にお願いしてはいけません。
何故なら、大手のサブリースは賃料が少ないからです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

もちろん、大手の不動産なら入居者を簡単に集客してくれるので、大手のサブリースは結果を出してくれます。
だからこそ、「弊社なら満室にできるので、賃料はこれくらいでいいですよね」といった感じで相場よりも賃料が安くなりやすいんです。

ですが、物件の空室対策は賃貸経営のノウハウがあれば、不動産会社の大きさに関係なくどこでも行えるため、会社のブランドに惑わされてはいけません。

ですので、日本人なら誰もが知っている不動産会社よりも、相場にあった賃料を払ってくれる不動産会社にサブリースをお願いしたほうが得なんです。

では、どんな不動産会社にサブリースをお願いすればいいのでしょうか?
オススメなのは中古アパート・マンションのサブリースを専門に行っている不動産会社です。

たとえば、関東なら武蔵コーポレーションのような中古アパート・マンションの賃貸経営を専門に行っている不動産会社にお願いするといいでしょう。

武蔵コーポレーションとは
公式サイト・武蔵コーポレーション

1人で賃貸経営を続けていても儲からないと諦めていた方は、サブリースを利用することで今の物件から収入を得ることができるようになります。

「この物件に愛着があるから、どうしても手放したくない」
「先祖代々受け継いできた物件だから売りたくない」

こういった方は、ぜひ武蔵コーポレーションでサブリースを検討してみるといいでしょう。

武蔵コーポレーションのサービスを確認する

さて、サブリース以外にもあなたの物件で儲ける方法はあります。
それは物件を売却することです。

物件を売却する

不動産管理をしている方は、物件の売却に慎重な方が多いです。

「先祖の土地は、できるかぎり売りたくない」
「不動産投資で購入した物件だから、ここで売ってしまうと損をすることになる」

今の物件を手放したくないのは、こういった理由があるからですね。

ですが、儲からない物件を持ち続けているのはリスクだと考え直したほうがいいです。

物件は持ち続けているだけでお金がかかってしまうため、儲からないと判断したら早いうちに手放しておいたほうがあなたの資産を守ることができます。

ここでは、あなたの不動産売却をサポートしてくれる査定サイトをいくつか紹介しておきますね。

地元に強い不動産も検索可能!【イエイ】

イエイとは
公式サイト・イエイ

イエイは、1700社以上の不動産会社から、あなたの物件をもっとも高く買い取ってくれるところを見つけてくれる査定サイトです。

とくに、地元に強い不動産会社が多いのが魅力ですね。
大手の査定サイトではなかなかお目にかかれない地方不動産会社が多いので、物件を高く売りたいのなら、まずはイエイで無料査定してみるといいでしょう。

イエイで無料査定してみる

コンシュルジュの対応が丁寧!【お困り不動産どうする】

お困り不動産どうするとは
公式サイト・「お困り不動産どうする」

お困り不動産どうするは、担当してくれるコンシュルジュの対応が丁寧な査定サイトです。

物件の価値はどういったポイントで決まるのかも事細かに教えてくれますので、物件売却に不慣れな方ほど安心して利用できる査定サイトとなっています。

「お困り不動産どうする」で無料査定してみる

まとめ

賃貸経営は儲からないわけではありませんので、大きく稼げる可能性を秘めたビジネスといえます。
ですが、素人感覚で儲かるほど甘い世界でもありません。

もし、なかなか賃貸経営がうまくいかないと悩んでいるのなら、今すぐ何かしらの対策を取るべきです。

  • 賃貸経営のノウハウを勉強する
  • 賃貸経営を不動産のプロに委託する
  • 物件を売却する

そうでなければ、あなたはどんどん負債を背負うことになります。

ぜひ、不動産管理は早めの対策を心がけましょう。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」