言葉選びのセンスがある男性

「言葉選びが下手で相手を怒らせてしまうんだけど、どうにか直せない?」
「言葉選びが上手になる方法が知りたい!」

日本語には似たような言葉が多くありますし、組み合わせによっても意味が変わってしまうものです。
そのため、言葉選びに失敗してしまうことも多々あることでしょう。

本記事では、言葉選びが下手でも相手を不快にさせない方法を紹介します。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

日本語って難しいですよね。
褒めようとしていたのに、いつの間にか相手を傷つけていたことって何度もあります。

アウトプット編集長アウトプット編集長

確かに、日本語は難しいね。
では、言葉選びが上手な人と言葉選びが下手な人の違いってなんだろうか?

本記事では、言葉選びが上手い人の特徴を紹介しつつ、言葉選びが下手な人でも相手を不愉快にさせない方法を紹介していくね。

まずは、言葉選びが上手い人の特徴と言葉選びが下手な人の特徴を比べてみましょう。
そうすることで、言葉選びのヒントを見つけることができます。

言葉選びが上手い人と下手な人の違いは相手が求めている言葉をいえるかどうか

一般的に、言葉選びが上手い人は以下のことに気をつけて言葉を選んでいます。

言葉選びが上手い人の特徴
  • 相手の気持ちを考えながら言葉を選んでいる
  • 感謝を伝えるときは友人相手でも敬語を使う
  • 相手の年齢に合わせた言葉を使っている
  • 会話の中に流行語や例え話を織り交ぜる

相手の気持ちが分かれば、相手に何を言うべきかがおのずと分かってくるものです。

たとえば、相手の方があなたのためにお土産を買ってきてくれたとします。
この場合、相手はあなたに喜んでほしいからお土産を買ってきたと想像することができますよね。
ですので、何よりも先にいうべきことは「ありがとう!嬉しい」となるわけです。

また、感謝を伝えるときに敬語を使うのは効果的です。
たとえ相手が友人だとしても、手紙で感謝を伝えるときは「本当にいつも感謝しております」と書くだけで相手に好印象を与えることができます。

そして、相手の年齢に合わせて言葉を選べるかどうかが上手い人と下手な人の違いかもしれませんね。
何故なら、言葉は伝わらなければ意味がないからです。

職場の上司に対して若者言葉で説明しても、上司にイライラされてしまいます。
反対に、渋谷で夜遊びをしている若者たちに対して、難しい四文字熟語を交えながら説教したところで、若者たちに笑われるだけです。

言葉は、相手に伝わってはじめて意味を持ちます。
ですので、相手の気持ちを考え、相手が理解しやすい最善の言葉を選ぶことが言葉選びの上達の近道となります。

言葉選びが上手な女性

では、言葉選びが下手な方はどういう特徴があるのでしょうか?
実は、適切な言葉を知らないというよりも性格や感情が言葉選びの邪魔をしている可能性が高いです。

言葉選びが下手な人の特徴
  • 相手の気持ちを想像せずに言葉を選んでしまう
  • 思ったことをそのまま口に出してしまう
  • 感情やプライドのせいで反対の言葉を使ってしまう

とくに、思ったことをついつい口に出してしまう性格の方は、言葉選びが下手になりやすいです。
たとえば、有名なお菓子をお土産として貰って嬉しいはずなのに、いざ中身を見たあとに「私、今ダイエット中だった。でも、ありがとう」と余計な一言をいってしまいがち。
そんなことを言われてしまうと、相手の方は「本当は嫌だったのでは?」と思ってしまいますよね。

また、感情やプライドが言葉選びの邪魔をすることもあります。
たとえば、息子の嫁にプレゼントしてもらったのに、姑は照れ隠しで「余計なことにお金を使うぐらいなら、子供に玩具でも買ってあげなさい」と言ってしまうと、嫁からすれば嫌な気分になるはずです。

このように、性格や感情のせいで言葉選びが下手になってしまうことが多いです。
ですが、すぐに性格を直すことはなかなかできないですよね。
そんなときは、相手を不快にさせない方法を覚えておきましょう。

言葉選びが下手でも相手との関係を良好にする方法

実のところ、どんな相手に対しても完璧な言葉選びができる人なんてほとんどいません。
何故なら、相手が言ってほしい言葉を想像することはできますが、本当のところは本人しか分からないからです。

たとえば、就活でなかなか内定がもらえない人に対して「大丈夫!お前ならできる!頑張れ!」と励ましの言葉をかけたら、就活生に嫌われる可能性があります。

一見すると励ましの言葉なので良さそうな気がするのですが、頑張っているのに結果が出せない相手に対して『頑張れ』という言葉はプレッシャーにしかならないんです。

ところが、人によっては『頑張れ』の言葉でやる気がみなぎることもあります。
もし、そういう人に励ましの言葉をかけなかったら、今度は冷たい人だと嫌われる可能性があるんです。

このように、相手によって最適な言葉はまったく異なってきます。
ですので、どんなに言葉選びが上達したところで、ときには相手を傷つけることもあるということです。

そう考えると、もともと言葉選びが下手な人は絶望的に思えてきますよね。
では、言葉選びが下手な人は相手とうまく付き合っていくことは不可能なのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。
言葉選びを間違ったのなら、次の言葉に気をつけたり、謝罪を行動に移したりすればいいだけの話だからです。

「えっ?言葉選びが下手なのを改善するのなら、語彙力を高めることに力を入れるべきでは?」と思った方は、まずはよく考えてください。

あなたの悩みは、「言葉選びが下手なのが恥ずかしいから、センスのある言葉が使えるようになりたい」というものでしょうか?
いえ、おそらく「言葉選びが下手なせいで相手との関係を悪くしてしまった!どうにかしたい!」という悩みのほうが強いはずです。

だったら、語彙力を高めるよりも、まずは言葉選びで失敗した相手との関係を修復するための謝罪を口にするべきなんです。

アウトプット編集長アウトプット編集長

人間の感情は複雑ですので、こちらの言葉選びが正しくても相手の方を不愉快にさせることがあります。
ですが、本当に言葉選びが上手い人というのは、次に投げかける言葉や行動が素敵なんですよね。
だからこそ、相手との関係をいつまでも良好に保つことができます。

ですので、「言葉選びが下手だから、もっとセンスのある言葉がいえるようになりたい!」と思うよりも、まずは不快にさせてしまった相手に許してもらえる一手を考えるほうに力を入れるべきなんです。

以上、言葉選びが下手でも相手との関係を良好にする方法を解説しました。
最後に、言葉選びの参考になる書籍を紹介しておきますね。

言葉選びの参考になる書籍

言葉選びが上手になれば、相手との関係がよりよいものになるのも事実。
ここでは、言葉選びの参考になる書籍をいくつか紹介しておきますね。

ことば選び辞典シリーズ

言葉選び辞典の画像
ことば選び実用辞典

ことば選び辞典シリーズは、ついつい忘れがちな言葉が網羅された便利な辞典です。

ちなみに、ことば選び実用辞典はビジネスシーンでも役立つ言葉がたくさんあるので、社会人にはオススメの一冊。

ことば選び実用辞典の詳細を確認する

感情ことば選び辞典の詳細を確認する

ことばの結びつき辞典の詳細を確認する

美しい日本語選び辞典の詳細を確認する

大人の言葉えらびが使える順でかんたんに身につく本


大人の言葉えらびが使える順でかんたんに身につく本

大人の言葉えらびが使える順でかんたんに身につく本は、言葉選びの語彙力が確実にアップする書籍です。

イラストつきで読みやすいため、スラスラと読めるのも嬉しいところです。

アマゾンで詳細を確認する
楽天市場で詳細を確認する

日本人なら身につけたい品性がにじみ出る言葉づかい


日本人なら身につけたい品性がにじみ出る言葉づかい

日本人なら身につけたい品性がにじみ出る言葉づかいは、円滑な人間関係を築くノウハウが書かれた書籍です。

相手とうまくコミュニケーションが取れない方ほど読んでほしい一冊。

アマゾンで詳細を確認する
楽天市場で詳細を確認する

まとめ

言葉選びが下手な人の特徴

人間は感情で動いてしまう生き物です。
そのせいで、ついつい言葉選びが下手になってしまう傾向にあります。

まずは、相手の気持ちをよく考える。
それさえできれば、言葉選びは上手になります。

ぜひ、相手の方を気遣いながら会話を楽しんでくださいね。