困っている外国人を道案内する女性

「人のために動ける人の特徴が知りたい!」
「人のために動ける人ほど仕事ができるなんて言われるけど、それはどうしてなの?」

あなたの身近にも、人のために動ける人がいるはず。
そういった人に憧れはあるけど、ご自身が人のために動ける人間になるのは難しいと思っていませんか?

実は、ちょっと考え方を改めるだけで、誰でも人のために動ける人になることができます。
しかも、人のために動ける人になることができれば、仕事で成功しやすくなるんです。

本記事では、『人のために動ける人の特徴』『人のために動ける人は仕事ができる』理由について解説していきます。

編集者・綾瀬編集者・綾瀬

人のために動ける人ってカッコイイですよね。

アウトプット編集長アウトプット編集長

そうだね。
仕事を効率よくこなすことにも適した性格だから、会社で出世したいと考えている方ほど目指すべき人格だと思うよ。

それでは、人のために動ける人の特徴を紹介していきますね。

人のために動ける人の特徴

人のために動ける人の特徴は4タイプに分けることができます。

  • 正義感が強い人
  • ボランティア精神が強い人
  • 義理堅い人
  • 情けは人の為ならずの意味を理解している人

人のために動ける人の特徴

それぞれの特徴を具体的な例も交えて紹介していきますね。

正義感がある人

正義感がある人は、必然的に人のために動ける人になりやすいですね。
何故なら、使命感に突き動かされるようになるからです。

「自分がやらなければ誰がやる?」
こういった気持ちが自然と出てくるため、目の前に困っている人がいたら率先して助けようとします。

正義感がある人は、職場で困っている人はもちろん、道端で行き先が分からず困っている外国人の方にも手を差し伸べるタイプです。

ただ、こういったタイプの人は、なろうと思ってなれるものではありません。
正義感は、育った環境などで培われていくものだからです。

ですので、人のために動ける人を目指そうとしている方は、まずはボランティア精神が強い人を目指すといいでしょう。

ボランティア精神が強い人

一見すると、ボランティア精神が強い人は、正義感が強い人と同じに見えなくもないですよね。
ですが、ボランティア精神は正義感とは異なり、他人の影響によって芽生えやすい感情といえます。

たとえば、被災地でボランティアの方に助けられた経験がある方は、次にどこかで被災があったときにボランティア活動に参加する傾向が強いです。
このように、ボランティア精神は義理堅い日本人ほど生まれやすい感情といえます。

義理堅い人

すべての人を隔たりなく助けられる人だけが、人のために動ける人というわけではありません。
あなたが恩を受けたことがある人に恩を返すことも、人のために動ける人だといえます。

たとえば、親に育ててもらった恩を返すことも称賛すべき行動です。
そして、こういった経験が積み重なると、今度は他人に何かしてもらったときにもお返しがしたくなるようになります。
だからこそ、義理堅い人も立派に人のために動ける人といえるんです。

最後に、情けは人の為ならずの意味を理解している人についても解説しておきますね。

『情けは人の為ならず』の意味を理解している人

人のために動くことは、こちらにメリットがないわけではありません。
何故なら、あなたが人のために動いたとき、その行動を周りの人が評価してくれるからです。
まさに、情けは人の為ならずというわけですね。

これに関しては、ちょっとずる賢い印象を受けるかもしれません。
ですが、自己PRの思惑があったとしても、その行動で人を傷つけるわけではありませんので、むしろ喜ばれるはずです。

そもそも、この事実こそ、『人のために動ける人は仕事がうまくいく』という理由につながっていきます。

人のために動ける人は仕事がうまくいく理由

人のために動ける人は、仕事がうまくいくようになります。
その理由は3つあります。

人のために動ける人は仕事がうまくいく理由
  • 人に助けてもらいやすくなる
  • 多くの経験が知識となって仕事に役立つ
  • 信頼感があるので大きな仕事を任せてもらえるようになる

まず、人のために動ける人は、自分が困っているときに人から助けてもらいやすくなります。
何故なら、今まで助けてきた方々が恩を返そうとしてくれるからです。

仕事は1人の力だけでこなすものではありません。
ときには、同僚・後輩・先輩に手伝ってもらう必要も出てきます。
そういうとき、人のために動いていた実績があれば、きっと力になってくれるはずです。

また、人のために動いていた経験が知識となり、仕事に役立つというメリットもあります。

たとえば、新入社員の仕事の手伝いをしていると、今まで当たり前のように行っていた作業を見直すことができますよね。
そうすると、「あ、ここはもう少し改善したほうが仕事の効率がアップできるのでは?」といったような気づきが生まれます。

つまり、人に教えているつもりが、実は自分の成長につながることがあるんです。
こうした経験こそ、仕事ができるようになる秘訣といえるでしょう。

アウトプット編集長アウトプット編集長

どんなに仕事ができる人でも、仕事を任せてもらえなければ会社から認めてもらうことはありません。
そう考えると、大きな仕事を任されるような人間になる必要があります。

人のために動ける人は、会社からの評価も高くなりますので、必然的に大きな仕事も任されるようになるんです。

以上、人のために動ける人は仕事がうまくいく理由を解説しました。

最後に、あなたも読めばすぐに行動したくなる書籍を紹介しておきますね。

読めばすぐに行動したくなる書籍

「人のために動ける人には憧れるけど、なかなか行動することができない……」
こういった行動に勇気が持てない方は、結構多いですよね。

ですが、行動することはちょっと考え方を改めるだけで勇気が持てるようになります。
その結果、「どんどんチャレンジしていきたい!」という気持ちになるんです。

ここでは、すぐに行動できるようになる方法がまとめられた書籍をいくつか紹介しておきますね。

すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法


すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法

『すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法』は、行動することが苦手な方にオススメの書籍。
科学的なアプローチが書かれていますので、読んで納得できる内容となっています。

書籍の詳細をアマゾンで確認する
書籍の詳細を楽天市場で確認する

行動してみることで人生は開ける。まず、できることから、やってみる


行動してみることで人生は開ける まず、できることから、やってみる

『行動してみることで人生は開ける まず、できることから、やってみる』は、人生の変え方が学べる書籍。
行動する勇気が持てるようになるノウハウが学べますので、考えるばかりでなかなか行動に移せない方にオススメです。

書籍の詳細をアマゾンで確認する
書籍の詳細を楽天市場で確認する

まとめ

人のために動ける人は、自分のために動くこともできる人です。
そういう人は仕事ばかりでなく、人生でも成功しやすくなります。

もし、なかなか行動できずに悩んでいるときは、ちょっとの行動から始めてみるといいです。
そうした積み重ねが、あなたの人生をよりよいものにしていくでしょう。


読まれている記事